<< 朝もや。 | main | ぷぅチャン。 >>
おがたまの木。
120508_1342~010001.jpg
宮崎県の高千穂は 私の好きな場所のひとつ。

先日も 高千穂にある 天岩戸(あまのいわと)神社に 参詣してきました。

今回は宮司さんに案内をお願いしたので、お祓いを受けて 神域へ。

なんとも清々しい心地でお詣りさせていただき、願い石も積んで。

すっきり晴れ晴れした気分!
そんな時に出会ったのが、画像の「招霊(おがたま)の木」の苗木。


モクレン科の常緑樹。招霊(おがたま)は 神さまを招くって意味があるそうで、繁栄・幸福を招くのだとか。

現在では 神社の祭事には 榊(さかき)を使っていますが、昔は この 招霊の木を使っていたのだそう。


昔々、 太陽の神 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)さまの 岩戸隠れの際に、アメノウズメのみことが この木の枝を持って舞を奏し、その楽しげな様子に、天照皇大神様が 岩屋から出て来られて 光を失った世が また再び明るさを取り戻した…

神話にも出てくる 招霊の木。
4月の初めには白い花が咲き、9月〜10月頃 ブドウ状に赤い実がなるのだとか。

現在 神楽舞のときに使う 神楽鈴は、この実が起源だそうです。

今回 持ち帰ったのは、天岩戸神社の御神木の種子を栽培したものだそう。

毎朝 この神さまの木に向かって、お祈りしています。

お花のように 大きな変化は無いけれど、とても穏やかで晴れやかな気持ちになれます。

末永く大切に育てさせていただきます。


でっかいプランターに植えてみたけれど、ベランダでは限界があるだろうなぁ…


もし元気よく育ったら、陸前高田のお友達のところに持って行っちゃうかなぁ?
カテゴリ:- | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:20 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック